集団ストーカー被害者を統合失調症に仕立て上げる仕組み(工作)

社会

まずは、集団ストーカーの 被害者の方は、集団ストーカー被害を周りに訴えると、「統合失調症の症状なのではないか?」と疑われるしくみがあることを知っておきましょう。診断できる資格がないにもかかわらず「統合失調症だよ。」とミスリードして被害者を暗示にかかけてくる加害者がいるので注意してください。 集団ストーカーの加害がバレても、「この人、頭がおかしい」と言えば済むというのが常套手段、基本的なマニュアルにあるのだそうです。

仮にあなたが集団ストーカー被害を周りに訴えたとすると、「病院に行った方がいい。」と言われるのが普通でしょう。集団ストーカー被害者の周りに起こっている現実は、多数の工作員の組織的に作られた出来事であって、そのあまりの異様さに説明してもなかなか理解してもらえないからです。 実際は、自然発生的な域を超えた人為的なおかしな現象に気づいた敏感かつ冷静な人間が集団ストーカー被害を訴えているということになります。

ここで重要なことは、 本当に見えているものを幻覚とは言わないということ、本当に聞こえているものを幻聴とは言わないということです。 集団ストーカー被害にはさまざまなテクノロジーを駆使して行われてはいるものの、根拠のある事実を観察することができるわけです。つまり、妄想ではなく現実を指摘しているに過ぎません。 落ち着いて証拠を集めれば十分説明可能であり、時間をかければ信用してもらえることなのです。

集団ストーカー被害者が統合失調症に思われてしまったり、仕立て上げられてしまう仕組み自体までが、 集団ストーカー 加害者側の意図している工作だといえましょう。現実になさそうで現実に起きている現象に気づいた人に「病気」というレッテルを貼ることによってこの集団ストーカー犯罪(ガスライティング)を隠蔽することができるからです。それを理解できる人は何%いるでしょうか?ネットのブログにも偽ブログや偽の情報、ミスリードする工作員にあふれています。どれが本当の被害者でどれが偽物の被害者なのか見分けるのが難しいです。

集団ストーカー被害者が必要としているのは、この被害の理解者・協力者です。そして精神の病気を疑って病院へ行くこと自体が、加害者の思惑の一部(精神病院の売上計上、社会的枠からの追放)なのですから慎重になってください。集団ストーカー加害者側と同じことをしてしまうことになりかねません。つまり、病気を疑う発言を軽々しく言ったり、強制的に病院へ連れて行ったりしないように注意してください。実際、集団ストーカー被害者は、工作員が毎日のように多勢を使って多重にストレスをかけ、日常生活に支障を与えられています。時には「ノイローゼ状態」などの異常状態になることもあるでしょう。やむなく信用できる家族に付き添いを頼んで、心療内科を受診して話を聞いてもらうくらいならば必要なことかもしれませんが。

サイコ・エレクトリック・ウエポンといった電磁波を活用した軍の兵器で予め用意された夢を見させることも可能なのだそうです。一朝一夕には信じられない不思議な事が実際に起こっています。
↓参考サイト
・10年くらい前から私は集団ストーカーに監視されています。(Yahoo知恵袋)

・なぜ、警察は集団ストーカーに加担しているのですか?

・個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験(産経ニュース)
・集団ストーカーの謎について(Yahoo知恵袋)

集団ストーカーという現象が、病気ではなく実際に起こっていることだとわかれば、実害の対策が同時に必要とされます。たとえば、さまざまな工作員が同じような服装やしぐさを見せつけてくるアンカリングという手法で「梅干しを見るとつばが出る」とか、「サザエさんを見ると憂鬱になる」サラリーマンのように神経回路を作ることによって恐怖症のような異常状態をつくる工作があります。これに有効なことは、気にしないこと、できるだけ見ないこと、行動をランダムにして先回りやタイミングを合わせてくる工作員を避けることが一つの対策になると思われます。

また、盗聴をされていることのほのめかしには、インターホンなどの電波の出る箇所に仕掛けられていることがあるので、インターホンなどをガムテープで巻くなど実害が少なくなるような対策も同時にとったり、小さな声で話して盗聴されにくくすることなどもできるだけ協力してもらって行うようにすることで、精神的な安心を広げていくことができます。テレビも極力消しましょう。

さて、臨床心理学では統合失調症の罹患率は、約1%だと言われています。100人に1人の人がかかる病気ということです。一般的にも身近な神経症とは違ってそれほど多くないことが特徴です。
統合失調症は滅裂思考が特徴なので、話にまとまりがなく会話が成立しない、書いている文が完結しない(脱線して最後までいかない)、などがあれば本当に病気の可能性もあります。 引きこもるのも一つの特徴ですが、それだけで疑ってしまうとすべてが病気になってしまいます。 統合失調症 診断には診断基準というものが使われますが、現場で実際使わることの多いのは『米国精神医学会のDSM-5』のようです。ここに精神医学の権威がアメリカであることが伺えます。では、統合失調症の診断基準を見て確認してみましょう。

「妄想・幻覚・まとまりのない発語(例:頻繁な脱線または滅裂)・ひどくまとまりのない、または緊張病性の行動・陰性症状(すなわち感情の平板化、意欲欠如)・陽性症状(幻覚や妄想など)や陰性症状(感情の平板化や意欲の低下など)が認められ、社会的・職業的機能の低下した状態が持続する」場合に統合失調症が疑われるようです。(参考:DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル 医学書院) 統合失調症は、集団ストーカーの被害者の訴えと共通するように見えるものを多く含んでいるといえるでしょう。 しかし、幻聴が聞こえていれば仕事の指示が聞き取れきませんし、幻覚が起こっていれば目の前の仕事に支障がきたので社会生活ができないでしょう。

「見られている気がする(注視妄想)、声が聞こえてくる(幻聴)、考えが漏れている(思考伝播)、思考が奪われる(思考奪取)、考えを入れられる(思考吹入)、あり得ないことをあると思い込む(妄想)、考えがまとまらない(滅裂思考)」などなど・・・。実際は、「テクノロジー犯罪、ほのめかし、アンカリング、つけまわし」など集団ストーカー被害者が周りの物事に過敏に反応することを狙った手法で集団による嫌がらせ(ガスライティング)、さまざまな諜報活動、工作が行われています。その計算の中にも、ターゲットとしている被害者が異常な行動を引き起こすように仕向けていますので、被害者が本当にそのように見えてしまうことも多くあると考えられます。

最近では、「統合失調症が集団ストーカーを隠ぺいするために作られた病名である」というウワサも出てきました。この病名は2002年に作られたのですが、これは集団ストーカーが活発になった頃と重なるのではないでしょうか。隠ぺいするためというのは嘘だったとしても、現状として隠ぺいするための病気になってしまっている点が否めず、大変危惧される社会問題を含んでいるといえます。安倍政権になってから緊急車両のサイレンが鳴り響く工作が多くなったという報告もあります。現実として多くの方が確認できる現象の一つなので幻聴や幻覚や妄想でないことが確認できるでしょう。

集団ストーカー犯罪はテクノロジー犯罪とも呼ばれており、さまざまな科学技術を使って様々な工作(嫌がらせ)がなされることが一つの原因として挙げられていますので、そちらからも事実を追求するには科学技術の知識も必要になってくるというわけです。嫌がらせの手法も、身体的なものから精神的なものまで多岐にわたっています。

これまで集団ストーカー犯罪は長きにわたり、目に見えない、証拠が取りにくい、規制法が整備されていないことから、気のせいなのではないか、妄想、病気だとミスリードされ続けてきました。しかし、最近はこのような加害者の工作がきかなくなってきました。時間とともに真実はひとつなので、小さなほころびから、大きな光が広がるようにごまかせない段階になってきたのです。

たとえば、もし病気ならば、「時間ピッタリに電磁波攻撃に合う」というテクノロジー犯罪被害者が多くいるのがおかしいですね。妄想は症状の悪化で起こるはずなので、もっとランダムに電磁波攻撃が始まるはずです。実際は、夜の12時になると電磁波攻撃が始まって朝の7時になると止むなど、タイマーで動かしているのか指示で加害しているような事例ばかりです。賃貸住宅であれば「まだ寝ないの?」とか、違う場所で寝ると苛立って騒音を立てるなど、明らかに隣の近所の住人による人為的な臭いが漂ってしまっているわけですよね。

実際に集団ストーカー犯罪被害者の多くに幼少の頃から不可解な出来事が始まっているわけで、統合失調症であれば思春期に発症するはずですから説明がつかないわけです。2002年以前は「分裂病」と呼ばれた病気が「統合失調症」に名前を変えたのと同時に、「思考奪取」「思考吹入」などの症状を付け加え、集団ストーカー犯罪を隠蔽する動きがあったのではないでしょうか。2002年というのは同和利権が終結を迎えた時であり、同和解放同盟が某宗教団体と手を組んで集団ストーカーをすることになったと騒いでいた時期に重なるのが気になります。

集団ストーカー犯罪の偽(ニセ)被害者工作員ブログにご注意!

集団ストーカー犯罪の被害者の皆さんがよく参考にしているサイトとしてこちらのサイトがあります。集団ストーー.info(http://www.gangstalker.info)こちらのサイトは、2010年をもって一時執筆を終了されている古いサイトですが、自らの調査によって集団ストーカー犯罪の手法を説明してくださっていることから、とても貴重な情報となっているようです。

集団ストーカー犯罪の被害者にとって有益な情報を集めていきたいときに心配なのは、集団ストーカー犯罪の偽(ニセ)被害者工作員ブログの存在です。見分けるポイントは、「集団ストーカー犯罪の加害者でなければここまで詳細に説明できるか・・・?」という点がひとつあります。また、「集団ストーカー犯罪の加害者側の誘導では?」と思えるような恐怖をあおるサイトです。

  • すべてが集団ストーカー加害者に見えるようなことを意識させていませんか?
  • 集団ストーカー犯罪の被害者団体の中に、一定数の偽被害者がいるので気を付けましょう。
  • アメブロやツイッターにも偽被害者(実名でなくてよいので工作員には好都合)だらけ!
社会
広告
minimum studyをフォローする
minimum study