ガスライティング(集団ストーカー犯罪)に誘導されるデゥープスたち

牧場 社会

今あなたは、集団ストーカー犯罪の被害とは何の関係もない方もいるかもしれません。しかしながら、ガスライティングをしている人が実際に多くいることを知らなければなりません。知らないうちに集団ストーカー犯罪に加担してしまっているかもしれません。集団ストーカー犯罪被害者自身は気づいて被害者でありながら加害者側に混ぜられていたことにも気づくことがあると思います。しかし、一般の人にはまだ周知が不十分な状況ですし、実際に説明を受けたとしても、にわかに信じがたい内容です。

集団ストーカー犯罪の解決を考えるとき、カルト集団の異常性もさることながら、解決を妨げる要因として集団ストーカー犯罪加害者の中に、何も知らずに参加させられてしまっている一般の方が混ざっていることがあります。このような一般の方を巻き込むのを防ぐには、 集団ストーカー犯罪(ガスライティング)へ誘導する詐欺があることを周知していくことが大切だということと、集団ストーカー犯罪の被害に気づかずに苦しんでいる方への周知としてチラシのポスティングなどの活動している方がいらっしゃいます。

集団ストーカー犯罪の加害者は組織上部の指示で行っているようで、 集団ストーカー犯罪の加害者すべてが自分の犯罪を自覚していない場合もありますし、知らずに一般の私たちが、集団ストーカー犯罪の加害に加わってしまっている場合もあります(友人がカルト信者であることを知らずに誘われて、ただ一緒に歩いた場合などがそれに該当します)。

集団ストーカー犯罪の加害者である真面目そうな好青年、あるいは社会的な地位のある人が、優しそうな笑顔で近づいてくることが多いので、その正体に気づけないのが普通であり、むしろ健全なのかもしれません。しかし、「あやめかし」と集団ストーカー犯罪の加害者は自分から不幸になるように仕向けて自殺へと追い込む意図で行っていることもあるようなので、気づかないことが本当に安全だとは言い切れないわけです。

たとえば、防犯パトロール、自治会、PTA、警察相談員などという名の権威をまといながら、加害者や協力者(知らされずに協力させられている人含む)が近づいてきます。そして一般人へ「ある人物(集団ストーカー被害者)」の監視や捜査の依頼という嘘で集団ストーカー犯罪に加担させていることがあります。

集団ストーカー犯罪の加害者たちは、自分たちの悪事がバレそうになった場合の指導として、集団ストーカー犯罪の被害者のことをこう言うように予め指導されています。「(あの人は)統合失調症だから・・・」それが全国各地で行われている彼らの同様の手口のようです。被害者を統合失調症扱いすることにより、自分たちの悪事のすべての責任を集団ストーカー犯罪を被害者になすりつけ、隠ぺいできる仕組みが出来上がっているというわけです。

たとえば、カルト集団がその信者を洗脳し、一般の人までも利用して悪事に協力させ、被害者に心理的圧力をかけ続けています(ステルス性犯罪※)。 ※ 長期的に多重にストレスをかける陰湿な方法

その指示というのは、「あの人(私)が来たら〇〇してください。」というものです。

二ヤついて
咳払いして
携帯電話をいじって
〇〇色の服を着て
車のバック(音)を鳴らして
(連番や意味のある数字の)ナンバープレートを見せて
犬を散歩して
赤ん坊(ベビーカー)を見せて
キャリーバックで歩いて
機械やブレーキなどの音(ノイズキャンペーン)を出して
眩しい光やしつこい光(ブライティング)
救急車両を呼んで
(消防車両・警察車両・清掃車・バキュームカー・廃品回収車など)目立つ車で通って
マスクをつけて歩いて
ドアを強く閉めて
不気味に立っていて
店のシャッターを降ろして
店内をつけ回して
咳を吐いて
ゴミを落として
エンジン音をたてて
「死ね(悪口)」といって
など、ハードルが低い簡単にできてしまうものですが、アンカリング(条件反射を使った印象付け)という手法を悪用しています。ここがこの犯罪の巧妙なところです。普通の、真面目な、いい人に見える人たちが労力を払ってしまいます。一人ひとりの労力はたった数秒程度で済むことも多いからです。しかしながら
集団ストーカー犯罪の被害者にとっては、1日に何十回も嫌がらせを受けることになります。さらにもっと多くの人が騙されこの集団ストーカー犯罪に知らずに協力させられたなら…それがずっと続くとしたら…人が死ぬことがあるのです。それがこの集団ストーカー犯罪(ガスライティング)の正体です。

集団ストーカー犯罪加害者である彼等の狙いは「狙われているという意識」を生じさせることが一つです。しかし、それだけではありません。被害者が日常的な出来事に対して過剰な反応を示し、異常な行動を誘発するという効果も狙っているのです。例えば、携帯電話を持っている人はいくらでもいます。被害者が周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、被害者の妄想と誘導し、被害者を「おかしな人」に仕立てていくわけです。

集団ストーカー犯罪の協力者に「本人にはそのこと言わないでね。」と忠告しているようですが、本人に知られていけない理由はなぜでしょう?一般市民に監視や嫌がらせのお願する理由は何でしょうか?このあたりを今一度よく深く考えていただくと、やっていけないことに加担させられていることを気づけるはずです。このおかしさに気づける方が何人いるでしょうか・・・?

その他にもカルト犯罪組織で行われる嫌がらせは24時間交代体制で、盗聴、盗撮をベースに衛星や兵器も関係している(テクノロージー犯罪)と言われています。追い込まれて自殺をしてしまった方や精神病院に入ってしまった方もいる・・・小さな嫌がらせの積み重ねについに腹を立ててしまったために起きた事件もたくさんあります。集団ストーカー犯罪の客観的な証拠はそういう目で判断していけば、きちんとあります。けっして気のせいでは起こりえないことなのです。まずは、きちんと集団ストーカー犯罪のことを知ることがこの犯罪を防ぐことになるでしょう。また、集団ストーカー犯罪の被害が信じてもらえないことが、さらに被害者を苦しめていることを理解していただく必要があるのです。

社会
広告
minimum studyをフォローする
minimum study